試料回転機 SP-L1

一覧へ戻る

研磨機IM-P2取り付け用の試料回転機です。
埋込試料研磨の際、SP-L1を研磨機IM-P2に取り付けると、自動研磨が可能になります。
ヘッド回転数の変更が可能なので、ホルダーとディスクを同じ回転数で研磨できる為、研磨面の傾斜やペンシル状になるのを防ぎ、平行度を失わずに研削することができます。

主な特長

  • 個別荷重方式を採用! 電子材料等を観察ライン(viaホール等)まで削り込む時個別荷重方式を採用することにより、目標位置まで達した試料から順次取り出していくことができます。
    最大3個の試料のセットが可能です。
  • 平行度を失わずにワークの切削が可能! 個別荷量方支では試料の研磨面が傾斜したり、ペンシル状になってしまうことがあります。
    SP-L1はホルダーの回転数の変更が可能なため、研磨推奨理論に基づき、ホルダーとディスクを同方向に同じ回転数で回転させることでワークの平行度を失わずに研削することができます。
    粗研磨 研磨紙 or 研磨パッド
    Disc回転数 200rpm/Holder200rpm
    精研磨 ダイヤ+琢磨紙
    Disc回転数 65-150rpm/Holder65-165rpm
  • 半自動研磨可能!ループリケーター標準付属! IM-P2にSP-L1を搭載することで、半自動研磨が可能になります。
    点滴量調整機能と、開・閉バルブも付いた潤滑材滴下ユニット「ルーブリケーター」が標準で付属しております。

SP-L1 本体仕様

回転数 0~200rpm 可変式(50/60Hz共通)
試料数 1~3個で自由選択
加圧力 試料1個に対し、10~40N(スプリング式個別荷重)
試料ホルダー Φ25mm、30mm、40mm×3個
※特注サイズのホルダー、特殊冶具は要相談
※ホルダーは別売り
ルーブリケーター 標準付属(流量アナログ調整式)
電源 単相100Vまたは単相200-220V
※IM-P2のコンセントに差込み 75Wモーター
寸法 W460×D655(排水口まで)×H550(ヘッド上昇時685)mm, 50kg
※IM-P2にSP-L1を装着した時の数値です

IM-P2 本体仕様

円板サイズ 研研磨円板: Φ223mmまたはΦ200mm
AL琢磨円板: Φ200mm
マグネティックサーフェス円板: Φ200mm
※ Φ250mmの円板もセット可能
※ 円板は別売り
回転数 50~400rpm 可変式(50/60Hz共通)
給水・排水機能 給水コックによる開閉(給水・排水ホース付き)
電源 単相 100V または単相200-220V (50/60Hz)
200Wギヤードモーター
寸法/重量 W390×D655(排水口まで)×H195mm, 31kg

お問い合せ

大阪支店map
〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場4-6-22
心斎橋MSビル602号

TEL:06-6258-4555
FAX:06-6258-4556

名古屋支店map
〒465-0087
愛知県名古屋市名東区名東本通
2-32 星が丘イーストビル1F

TEL:052-715-6111
FAX:052-715-6112

東京支店map
〒101-0021
東京都千代田区外神田5-1-5
末広JFビル9F

TEL:03-6803-2270
FAX:03-3835-3324

和歌山本社map
〒649-1528
和歌山県日高郡印南町西ノ地1333

TEL:0738-43-0333
FAX:0738-43-0485

関連会社map
艾磨特貿易(上海)有限公司
長寧区中山西路555号
緑洲大厦917室

TEL:021-6286-3152
FAX:021-6286-3153